インテリアオプションの人気BEST5はコレ!

新築マンションのインテリアオプションは商品の選択に非常に迷いますよね。
できれば欲しい商品全部を施工したいところですが予算の関係上そうもいきません。
ではどんな商品の人気が高いのでしょうか?
人気の順を追ってみますと、まず入居後には対応の難しい商品であるコーティング施工が一番のようです。
2番目はキッチン合わせの食器棚、こちらは入居後対応品ですが人気の扉合わせが入居後ですと
廃盤になる可能性もあり先に据付けたいところです。
3番目以降は入居後でも問題ない商品ですが引っ越しで搬入する家具等で施工するスペースを確保するのが
厳しい商品でもありますね。
では、その人気商品の理由を調べてみましょう!

癸吋侫蹈▲魁璽謄ング施工

入居前限定施工のフロアコーティングです。
こちらの人気はそれだけではなくフローリングに一度施工する事でメンテナンスが不要になるだけでなく
新築時の綺麗な状態をクリア塗膜により保護されます。
またこの保護塗膜はワックスと比べ非常に硬い素材の為フローリングを傷から守ってくれます。
表面加工により汚れの付着もし難くお掃除も簡単で水拭きで綺麗になります。
もちろん水拭きで塗膜が剥がれる事もなく長期的に効果の期待できる商品です。

癸佳ず邁閥颪離ーダーメイド食器棚

オーダーメイド食器棚は造作家具による製作でお客様の為だけに製作するスペシャルオーダーです。
オプション会ですと扉合わせだけで特注感がありませんが一般家具店ではご要望をお聞きし
サイズだけでなく内部構成や仕上げ材もゼロからご提案ができ非常に使いやすい食器棚が製作できます。
扉をキッチン合わせにするのは勿論のこと、吊戸棚の扉は圧迫感を減らす為にシャープなデザインの
アルミフレーム式ガラス扉にする事も可能です。
またこのガラスにも安全性を考慮し強化ガラス+飛散防止フィルムで製作する事ができます。
オプション会のような価格重視設計の開き扉ばかりでなく使いやすい引き出し式の食器棚は如何でしょうか。

癸灰螢シルのエコカラット

戸建住宅では人気の低いエコカラットですが何故マンションでは人気が高いのでしょうか?
それでは建物の構造に理由があります。
戸建はマンションと比べ気密性に違いがあります。
最近のマンションは高気密高断熱設計になっており空調が良く効く設計になっています。
要は空気の自然な対流がマンションは良くないのです。
それに加え新築マンションは躯体のコンクリートが打ちたてですので湿気が室内にこもり易いのです。
それらを回避するには壁へ直接施工するエコカラットが非常に効果的です。
エコカラットの特徴として貼るだけで半永久的に効果が持続する事が最大のメリットで
VOCを始め臭気などを吸着したり空気を浄化する作用もあります。
最近はバリエーションも多くなりインテリア性も高くなっているのが特徴です。

癸漢襯ラスフィルム施工

マンションのオプション会では馬鹿の一つ覚えでUVカットしますとか断熱しますなど嘘を平気で謳ってますが
本来の目的は「飛散防止効果」にあります。
特に最近は異常気象で大きな台風や地震など災害によるガラスの飛散が多く取り上げられています。
公団サイズではなく分譲のマンションは特注サイズのガラスや複層のペアガラスが多いので
平常時でも注文後製作には3週間ほど要します。
これが大きな災害であると数か月先まで割れたガラスは元通りになりません。
飛散防止効果のあるフィルムを装着していれば割れてもガラスは飛散しませんので
新規のガラスが入荷するまでの間は普通に生活が送れます。
フィルム無しの場合はべニア板を貼るかビニールシートを覆い生活するようになります。
普通に考えてもフィルムを貼った方が良いですよね。
UVカットは当たり前です。
UVカットしないと窓に貼ったフィルム自身がボロボロになってしまうからです。(自己防衛の為のUVカット)
いわゆる副産物の機能なんです。(もちろんあると便利な良い機能性でもあります)
最後に「断熱」はしません、マンション用のフィルムですと日射調整(遮熱)フィルムなら存在しています。
日射による熱を軽減できるフィルムの事です。
当然ですが冬は折角入った日射による熱も反射させてしまいます。

癸汽丱襯灰法璽織ぅ觧楾

バルコニータイルは機能性ではなく見た目重視の商品です。
しかし部屋から見た時にバルコニータイルがあると非常に全体が明るくなります。
その反面、広く感じる作用もあります。
もし予算があれば欲しいアイテムのひとつですね。
セキスイクレガーレの150角タイルである「涼感タイル」ですがこちらは少し機能性もあり
タイルに吸収する機能があり輻射熱により吸収下水分を放出する事ができる優れものです。
夏場はタイルに水打ちすれば輻射熱を利用してバルコニーの温度を下げる事も可能です。

【著者お勧めコンテンツ】 玄関網戸